連載

砂上の原発防災

原発事故の避難計画は机上の空論になっていないのか、課題を探りました。

連載一覧

砂上の原発防災

住民は逃げられるか/1 要介護者搬送、増す苦悩 避難先、空き部屋なく廊下で生活

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故を受け、国や関係自治体は原発ごとに原子力災害対策指針などに基づいて広域避難計画の策定を進めており、政府から了承を得たものもある。多くの高齢者らが避難中に亡くなった福島第1原発事故のような悲劇を防げるのだろうか。

 老人ホームなどを併設する高齢者施設「であいの郷」(福井県高浜町)は、田畑に囲まれた集落の中に建つ。施設の北側には小高い山があるので望むことはできないが、4キロ先には関西電力高浜原発がある。施設を営む山本勝則さん(67)は福島の原発事故後、講演会を聞きに行くなどして高齢者施設の入所者がどう避難したのか情報を集めた。それでも、原発事故への不安は尽きない。

 入所者は79~101歳の18人。寝たきりの人もおり、全員が要介護者だ。2018年8月、高浜原発と大飯原発(福井県おおい町)の同時事故を想定した、国の原子力総合防災訓練に参加した。広域避難計画では、入所者は車で同県敦賀市の施設に避難することになっていた。「普段でも1時間半ほどかかる。原発事故の時、道路は本当に通じるのだろうか」

この記事は有料記事です。

残り2495文字(全文2954文字)

あわせて読みたい

注目の特集