「ライオンズでんき」料金1%を2軍強化費に プラン新設 埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ライオンズでんきのロゴマーク=埼玉西武ライオンズ提供 拡大
ライオンズでんきのロゴマーク=埼玉西武ライオンズ提供

 プロ野球・埼玉西武ライオンズと、埼玉県所沢市などによる地域新電力会社「ところざわ未来電力」は3月27日、家庭向けの料金プラン「ライオンズでんき」を新設した。

 球団は環境活動に取り組んでおり、再生可能エネルギーによる電力供給をしている未来電力と連携することにした。

 料金プランは、東京電力エナジーパートナーより1%安く設定し、選手とのオンラインサイン会などの特典も設けた(5月31日まで)。また、料金の1%程度を2軍の強化費用に活用する。

 供給エリアは、県内のほか関東や山梨県、静岡県の一部。約10万人いるファンクラブ会員に対し、今後5年で3000件の契約を目標とする。問い合わせは、ところざわ未来電力低圧コールセンター(0800・170・6989)。【清藤天】

あわせて読みたい

注目の特集