FB、5億人の情報閲覧可能に 電話番号など再拡散「対応済み」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
フェイスブックのロゴ=AP
フェイスブックのロゴ=AP

 米交流サイト大手フェイスブック(FB)利用者5億人超の電話番号などの個人情報が、ハッカー向けオンラインサイトで閲覧可能になっていたと、米ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」が4日までに伝えた。2019年にシステムの脆弱(ぜいじゃく)性が原因で漏えいした情報が再び拡散したとみられ、フェイスブックは「19年に対応済みの問題だ」と説明した。

 ビジネス・インサイダーによると、流出した個人情報は、106カ国の5億3300万人分以上。国別では米国が3200万人分、英国が1100万人分、インドが600万人分で、日本も42万人分だった。電話番号のほかフェイスブックのID、氏名、誕生日、一部にはメールアドレスも含まれている。調査した情報セキュリティー専門家はハッキングなどへの悪用を懸念している。

この記事は有料記事です。

残り82文字(全文428文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集