特集

LGBT 私らしく生きる

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えています。当事者の思いや社会の課題を追います。

特集一覧

同性カップルの住所を三重県議がブログで公開 質問状に反論

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
公開質問状の住所が記載された封筒の画像=小林貴虎・三重県議のブログから(画像の一部を加工しています)
公開質問状の住所が記載された封筒の画像=小林貴虎・三重県議のブログから(画像の一部を加工しています)

 三重県の男性カップルが、県議にブログで住所を公開され、削除を求めても拒否されるトラブルに遭った。掲載は6日間続いたが、県議は毎日新聞の報道を受けて5日午後、ようやく削除に応じた。周囲から差別を受けやすい性的少数者(LGBTQなど)にとって、プライバシーの保護は平穏な生活に欠かせない。しかも県は1日、都道府県として初めて、性的少数者であることを本人の同意なく暴露する「アウティング」を禁止する条例を施行し、注目されている。その県での議員の行為に、専門家からは「逆に差別や偏見をあおりかねない」との批判が出ている。【山下智恵/デジタル報道センター】

 「悪意を持った人に拡散されるかもしれず、とにかく怖いです。それに悔しい」。そう語るのは三重県伊賀市に住む加納克典さん(41)だ。嶋田全宏さん(45)とともに大阪府から移住した後、農業を営む様子をホームページで紹介しながら、性的少数者の理解促進や権利拡大を目指して各地の学校などで講演会を重ねてきた。

 2021年3…

この記事は有料記事です。

残り2113文字(全文2544文字)

あわせて読みたい

注目の特集