特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

巨人の丸、中島、ウィーラー、若林の4選手がPCR検査で陽性

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自主隔離期間を経て、東京ドームでの「S班」キャンプ合流初日に新加入の梶谷(右)と会話を交わす巨人・ウィーラー=東京ドームで2021年2月3日、角田直哉撮影
自主隔離期間を経て、東京ドームでの「S班」キャンプ合流初日に新加入の梶谷(右)と会話を交わす巨人・ウィーラー=東京ドームで2021年2月3日、角田直哉撮影

 プロ野球・巨人は4日、丸佳浩外野手(31)、中島宏之内野手(38)、若林晃弘内野手(27)が、新型コロナウイルスへの感染を調べるPCR検査で、陽性と判定されたと発表した。また、ゼラス・ウィーラー内野手(34)は同日、球団の検査で陽性となり、改めて東京都内の医療機関でPCR検査を受ける。球団によると4選手はいずれも無症状という。

 陽性と判定された4選手と接触頻度が高かった、亀井善行外野手(38)、増田大輝内野手(27)、北村拓己内野手(25)の3選手とチームスタッフ7人の計10人はチームから隔離された。4日のヤクルト戦(東京ドーム)は2軍から3選手を昇格させ、予定通り実施。仙台市で開催予定だったイースタン・リーグの楽天―巨人は中止となった。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文484文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集