連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

近現代を重視 歴史学習漫画 地球の枠組みで考える 年代で巻構成、KADOKAWA版

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 地域・国ごとの「縦の流れ」ではなく、同時代の「横のつながり」を重視し、地球規模で歴史を描く「グローバル・ヒストリー」の考え方が教育の場にも広がりつつある。2022年度からは学習指導要領の改定に伴い、日本史と世界史を区別せず近現代史を学ぶ「歴史総合」が高校の必修科目になる。KADOKAWAが2月に刊行した『角川まんが学習シリーズ「世界の歴史」』(全20巻)も同様の視点をもとに構成され、近現代史の解説に力を入れている。監修を務めた羽田正・東大名誉教授に、本シリーズの特長と歴史を学ぶ意義について聞いた。

 羽田さんは「現代の世界を理解するために歴史はある」と言う。『新しい世界史へ』(岩波新書)などの著書があり、西洋中心の世界史像からの脱却と、国家・地域の枠組みにとらわれない歴史観を提唱している。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1408文字)

あわせて読みたい

注目の特集