特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

激突の構図

4・25参院補選/上 「オール自民」どこまで 衆院選見据え、連携図る /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
街頭演説に臨む小松裕氏(左端)と衆院長野2区の務台俊介氏(右端)=長野県小川村で2021年4月2日、去石信一撮影
街頭演説に臨む小松裕氏(左端)と衆院長野2区の務台俊介氏(右端)=長野県小川村で2021年4月2日、去石信一撮影

 立憲民主党の羽田雄一郎氏の死去に伴う参院長野選挙区補選が8日告示、25日投開票で実施される。4日までに自民党の小松裕氏(59)、羽田氏の弟で立憲の次郎氏(51)、NHK受信料を支払わない方法を教える党の神谷幸太郎氏(44)、地域政党「信州義民の会」役員の荒井久登氏(42)――の新人4人が出馬を表明。事実上、小松氏と羽田氏の一騎打ちになる見通しだ。選挙戦を前に両陣営の動きを追った。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1029文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集