特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

名城大フードバンク調査 学生7割「苦しい」 コロナ禍で困窮浮き彫り /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名城大のフードバンクで配布された米などの食品=名古屋市天白区の名城大で2021年3月3日(蓑輪明子准教授提供)
名城大のフードバンクで配布された米などの食品=名古屋市天白区の名城大で2021年3月3日(蓑輪明子准教授提供)

 名城大(名古屋市天白区)の蓑輪明子准教授(女性労働論)が、同大天白キャンパスで開かれたフードバンクを利用した学生を対象にアンケートをした。約7割の学生が生活を「苦しい」と答え、うち6割以上の学生がバイト勤務を減らされており、コロナ禍で学生が困窮している実態が浮き彫りになった。【川瀬慎一朗】

 フードバンクは、不要になった食料などを集めて生活に困った人に無償提供する催し。同大では教職員有志のカンパで3月3日に開催し、学生386人が利用した。

 アンケートにはうち246人が回答した。生活状況について「少し苦しい」35%、「苦しい」15%、「かなり苦しい」17%で、計164人が生活に困っていた。うち104人がバイトのシフトが減り、41人が親など生計維持者の収入が減ったと回答。バイトを解雇された学生も16人いたほか、生計維持者の失業も4人いた。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文777文字)

あわせて読みたい

注目の特集