連載

まち探訪

熊本、宮崎、鹿児島で話題のスポットを紹介します。

連載一覧

まち探訪

鹿児島 椋文学発祥の地 記念館に書斎を復元 /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
椋の書斎が復元されている文学記念館。アニメ化された作品も鑑賞できる
椋の書斎が復元されている文学記念館。アニメ化された作品も鑑賞できる

 大自然を舞台に人と野生動物の共生を描いた児童文学者、椋鳩十(むくはとじゅう)(1905~87年)は大学卒業後、鹿児島県内で暮らした。高校教師や県立図書館の館長を務めながら、日本で初めての本格的な動物の児童文学を生み出した。作品を書き始めた姶良(あいら)市加治木(かじき)町は「椋文学発祥の地」とされる。

 松林に囲まれた静かな一角に「椋鳩十文学記念館」はある。直筆原稿や取材ノートの複製品や著書、色紙など多くの遺品や資料が展示されている。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文933文字)

あわせて読みたい

注目の特集