特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 高齢者施設PCR、自治体で検査格差

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスのリバウンド(感染再拡大)防止対策の一環として政府が進めている高齢者施設でのPCR検査の運用を巡り、各地方自治体間の「検査格差」が目立っている。国が高齢者施設の検査対象などについて明確な基準を出しておらず、事実上、自治体任せになっているためだ。有識者は「実効性のある対策のため、政府は対象や検査回数の基準をしっかり作るべきだ」と指摘する。

 政府は緊急事態宣言の延長に伴い、リバウンドを防止するため、高齢者施設で働く職員への定期的な検査強化策を打ち出した。1月に緊急事態宣言が発令され、その後延長された東京や大阪、愛知、福岡など10都府県で2万8000施設が対象とされたが、政府は具体的な対象施設などについて基準を示さなかった。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文617文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集