「核のごみ」処分、各国難航 建設場所、選定進まず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本の「核のごみ」をカナダが受け入れる構想の存在が明らかになった。背景には、日本国内での最終処分場選定作業の難航や、カナダ側の経済事情、外交戦略などもありそうだ。

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場を巡っては、国内ではこれまで、地元の反発などがあり建設場所さえ決まっていない。

 日本政府は、使い終わった核燃料を再利用する「核燃料サイクル政策」を進めている。使用済み核燃料からは、再利用できるプルトニウムなどが日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)で取り出される。

 その過程で高レベルの放射性廃液が生じ、これが核のごみになる。再処理工場は2020年7月、原子力規制委員会の安全審査を通過。23年度に使用済み燃料からプルトニウムを取り出し始める予定だ。そうなれば核のごみが生じることになり、候補地の選定手続きだけで約20年はかかるとみられる最終処分場の建設は大きな課題になっている。

この記事は有料記事です。

残り1576文字(全文1977文字)

あわせて読みたい

注目の特集