特集

読者の広場

「女の気持ち」「男の気持ち」「みんなの広場」「仲畑流・万能川柳」「人生相談」など、読者からの投書・声を集めました。

特集一覧

女の気持ち

山裾の桜 兵庫県多可町・大山園子(無職・85歳)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 桜の開花時期が近づいてくると、私は毎朝、洗濯物を干しながら山裾の方に目を凝らす。そこには大きな桜の木が1本あって、毎年見事な花を咲かせるのだ。亡くなった夫もいつも楽しみにしていて、「山裾の桜がぼちぼち咲く頃だな」と言っていた。

 その桜の枝は、自然に任せて自由に伸びているのだが、全体の姿は美しい舞姫の舞台姿のようだ。おかげで、遠くまで出かけていかなくても、居ながらにしてお花見ができる。

 毎年、4月になって何日かすると、その桜も開花する。辺りにピンクの明かりがともったような様子を見ると、「ああ、今年も咲いたな」とうれしくなる。その後の数日は、庭に出るたびに眺めては楽しんでいる。80歳を過ぎた頃からは、「また春が来たね。今年も会えてよかったね」などと語りかけている自分に気づく。

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文530文字)

あわせて読みたい

注目の特集