みずほ、危機管理専従担当新設 「組織全体の課題」障害中間報告

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見の冒頭、頭を下げるみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長=東京都千代田区で2021年4月5日午後6時2分、西夏生撮影
記者会見の冒頭、頭を下げるみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長=東京都千代田区で2021年4月5日午後6時2分、西夏生撮影

 みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長は5日、東京都内で記者会見し、2月末以降にみずほ銀行で4件続いたシステム障害の要因や対応策などをまとめた中間報告を発表した。システム開発上の不備や機器の故障、事後対応など複合的な要因を「組織全体の課題」と分析し、開発人材の強化や危機管理の専従者を置くなどの再発防止策を4月末までに実施する。

 坂井氏は4件の障害を改めて陳謝したうえで、「システム、ビジネス部門双方を横断する多層的な障害対応力の向上が不可欠だ」と強調。迅速な対応を可能とする危機管理の担当者を新たに設置するほか、システム面ではカードを取り込む現金自動受払機(ATM)の設定を変更。システム開発関連の人材の強化などと合わせ、各種対策を4~6月にかけて順次進める考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文606文字)

あわせて読みたい

注目の特集