「反物質」をレーザー光で操作に成功 国際チーム、詳細分析に道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
反水素原子の動きを操作するためのレーザー装置=百瀬孝昌氏提供
反水素原子の動きを操作するためのレーザー装置=百瀬孝昌氏提供

 身の回りの「物質」と性質がわずかに異なる「反物質」の動きをレーザー光で操作することに成功したと、カナダのブリティッシュコロンビア大の百瀬孝昌教授らの国際チームが英科学誌ネイチャー電子版に発表した。構造や性質の詳細な分析が可能になるとしている。宇宙誕生時は物質と同数あったと考えられる反物質がその後、消滅した謎を解明するステップになるという。

 反物質は、自然界の通常の物質と電気的な性質が逆になっている他は、基本的に同じ性質を持つとされる。特徴が詳しく分かれば、宇宙で物質だけが残った謎に迫れる可能性があるが、反物質を人工的に作っても物質と反応して消えてしまうため、分析が難しかった。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集