書道部の「挑戦」、教科書に 教諭指導に注目 埼玉・滑川総合高

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
教科書を手にする石原裕子教諭と、書道部員たち=埼玉県立滑川総合高校で2021年3月24日午後2時44分(滑川総合高校提供)
教科書を手にする石原裕子教諭と、書道部員たち=埼玉県立滑川総合高校で2021年3月24日午後2時44分(滑川総合高校提供)

 「書の甲子園」の愛称で知られる「国際高校生選抜書展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)で2017年度から4回連続で北関東地区の団体優勝に輝き、巨大な紙の上で音楽に合わせて作品をつくる書道パフォーマンスでも知られる埼玉県立滑川総合高校書道部。その活動と、顧問の石原裕子教諭(60)の歩みが、4月からの中学校の道徳教科書で紹介されている。

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文936文字)

あわせて読みたい

注目の特集