特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

まん延防止初日の通勤「いつも通り」「コロナ慣れ」 大阪、仙台

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「まん延防止等重点措置」が大阪市などに適用された朝、JR大阪駅周辺を足早に歩く通勤者ら=大阪市北区で2021年4月5日午前8時23分、猪飼健史撮影
「まん延防止等重点措置」が大阪市などに適用された朝、JR大阪駅周辺を足早に歩く通勤者ら=大阪市北区で2021年4月5日午前8時23分、猪飼健史撮影

 新型コロナウイルスの感染が再び広がる中、「まん延防止等重点措置」の適用が5日、大阪、兵庫、宮城の3府県の計6市で始まった。飲食店での感染防止策の強化と違反した店舗への行政罰(過料)が柱で、期間は大型連休を含む5月5日までの1カ月間。まん延防止措置が適用されたのは初めてで、「コロナ疲れ」も広がる中、感染拡大を抑え込めるのかが試される。

 JR大阪駅(大阪市)では5日朝、大勢の利用客が行き交う普段と変わらない通勤風景が見られた。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文847文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集