特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

列車の音に感じた底力 復興「にぎわいづくり」誓う 岩手・山田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
再建された陸中山田駅近くで文房具店を営む松本龍児さん=岩手県山田町で、日向米華撮影
再建された陸中山田駅近くで文房具店を営む松本龍児さん=岩手県山田町で、日向米華撮影

 岩手県山田町の中心に位置する陸中山田駅は、東日本大震災の津波で被災し、その後に発生した火災で駅舎が焼失した。駅には焼けただれた渡線橋とむき出しのホームだけが残った。

 当時、駅近くで文房具店を営んでいた松本龍児さん(69)も火災で自宅兼店舗を失った。八幡平市出身の松本さんは1978年に山田町へ移り住み、3年後に駅のそばに店を構えた。地元の小学生や年配のお客さんに親しまれ、町役場にも商品を卸していた。鉄道も好きで、仕事などの用事で県外に出かける際は車ではなく列車を選んで利用した。沿岸の景色を眺めて、ゆっくりと列車に揺られる時間が大好きだった。

 あの日は、妻と従業員と店にいた時に激しい揺れを感じた。20~30分後、海から白い煙が立ち上り国道沿いの電柱が次々に倒れていくのが見えた。すぐに3人で車に乗り込み、なんとか5分ほど離れた高台に避難した。夕方になると今度は爆発音が響き渡り、町は炎で赤く染まった。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文903文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集