特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

コロナ禍の今こそ「歌の力を」 福島から避難の歌手、初アルバム

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
歌の練習をする小椋あかりさん=三重県伊勢市で2021年2月24日午後5時59分、谷口豪撮影
歌の練習をする小椋あかりさん=三重県伊勢市で2021年2月24日午後5時59分、谷口豪撮影

 福島県出身で、伊勢市在住の歌手、小椋あかりさん(32)。デビュー9年目となる3月に初めてのCDアルバムを発売した。「歌は生き物」と、ライブにこだわり続け、「歌を形に残すことは考えていなかった」が、新型コロナウイルス感染拡大でステージに立つ機会が奪われた今こそ、「歌の力を届けたい」と思いを込めた。【谷口豪】

 福島県郡山市に家族4人で暮らしていた小椋さんは2011年3月11日、東日本大震災を経験。福島第1原発からの放射線被害を恐れた母は2人の弟とともに受け入れ態勢が整っていた伊勢市へ。弟の面倒を見ていた小椋さんも12年1月に後を追った。家族と一緒に生活するうれしさの一方で、福島の景色を忘れることは一日もなかった。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1020文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集