特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナワクチン、過去最多198万9000回分が成田空港到着

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
全日空機で運ばれた新型コロナウイルスのワクチン=成田空港で2021年4月5日午前10時57分、中村宰和撮影 拡大
全日空機で運ばれた新型コロナウイルスのワクチン=成田空港で2021年4月5日午前10時57分、中村宰和撮影

 新型コロナウイルスのワクチン198万9000回分を載せた全日空機が5日、ベルギーから成田空港に到着した。ワクチンの輸入は2月から続いていて、11便目になる。1回の輸入量としてこれまでで最も多く、全日空は初めて大型機のボーイング777の貨物専用便を使って運んだ。

 アメリカの製薬大手ファイザー製のワクチンで、輸入量は徐々に増えている。これまで使用していた中型機のボーイング787の貨物室に搭載できない量になったため、機材を大型化した。ワクチンを低温で運ぶために使うドライアイスは危険物として取り扱われ、搭載できる量に制限がある。今後、さらに輸入量が増えれば、貨物専用機の投入を検討する。【中村宰和】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集