橋田寿賀子さん死去 95歳 「渡る世間は鬼ばかり」「おしん」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
橋田寿賀子さん
橋田寿賀子さん

 「おしん」や「春日局」「渡る世間は鬼ばかり」など数々の名作ドラマを世に送り出した脚本家の橋田寿賀子(はしだ・すがこ、本名・岩崎寿賀子=いわさき・すがこ)さんが4日、急性リンパ腫のため静岡県熱海市の自宅で亡くなった。95歳。通夜、葬儀は遺志で行わない。

 日本統治下の京城(現ソウル)生まれ。日本女子大文学部卒、早稲田大中退。1949年、初の女性社員として松竹に入社し、脚本部に所属した。

 59年フリーとなり、「となりの芝生」(NHK)、「女たちの忠臣蔵」(TBS)、大河ドラマ「おんな太閤記」「いのち」「春日局」など多くのテレビドラマの脚本を手がけた。

 なかでも83~84年放送のNHK連続テレビ小説「おしん」は平均視聴率52・6%、最高視聴率62・9%を記録するなど、大きな反響を呼ぶとともに、海外でも放送され、日本を代表するドラマとなった。また、90年からTBSで始まった「渡る世間は鬼ばかり」も、約20年にわたって10のシリーズを重ねるなど長く愛された。

 脚本はセリフが長いことで知られ、「きれいな日本語を使いたい」との思いから、敬語を基本として書かれているのも特徴。ドラマの原点は家族であるとして、徹底的にホームドラマにこだわり、時代の課題や矛盾を織り込みながら、家族の絆を描いてきた。石井ふく子プロデューサーとは公私ともに関係が深く、2人のコンビで作ったドラマも多い。

連続テレビ小説「おしん」のスタジオ収録を終えた(左から)橋田寿賀子さん、それぞれの時代のおしんを演じた小林綾子さん、乙羽信子さん、 田中裕子さん=東京・渋谷のNHKで1984年2月27日撮影
連続テレビ小説「おしん」のスタジオ収録を終えた(左から)橋田寿賀子さん、それぞれの時代のおしんを演じた小林綾子さん、乙羽信子さん、 田中裕子さん=東京・渋谷のNHKで1984年2月27日撮影

 代表作はほかに「夫婦」「春よ、来い」「ハルとナツ 届かなかった手紙」「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」など。

 66年、TBSプロデューサーだった岩崎嘉一(よしかず)さんと結婚。89年に死別。92年、橋田文化財団を設立し理事長に就任。翌93年に橋田賞を創設、視聴者に感動を与えたテレビ番組や出演者を顕彰するなど、放送文化の向上にも寄与した。

 93年度に「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」など一連の功績で毎日芸術賞特別賞を受賞したほか、紫綬褒章、勲三等瑞宝章などを受けた。2020年には脚本分野で初の文化勲章を受章した。主な著書に「夫婦の格式」「おしんの遺言」「簡素が、いちばん!」。

橋田寿賀子さんが手掛けた主なドラマ

1964年 「袋を渡せば」(TBS)「愛と死をみつめて」(TBS)

 68年~「あしたこそ」(NHK)

 76年 「となりの芝生」(NHK)

 78年 「夫婦」(NHK)

 79年 「女たちの忠臣蔵」(TBS)

 81年 「おんな太閤記」(NHK)

 83年~「おしん」(NHK)

 86年 「いのち」(NHK)

 89年 「春日局」(NHK)

 90年~「渡る世間は鬼ばかり」シリーズ(TBS)

 92年 「おんなは度胸」(NHK)

 94年~「春よ、来い」(NHK)

2005年 「ハルとナツ 届かなかった手紙」(NHK)

 10年 「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」(TBS)

 13年~「なるようになるさ。」(TBS)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集