4歳迷子保護、小4に感謝状 優しく声かけ「自分が助けないと」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
感謝状を贈られた名郷根景さん(右)と村瀬智行・警視庁麻布署長=東京都港区六本木4で2021年4月5日午後2時36分、林田奈々撮影 拡大
感謝状を贈られた名郷根景さん(右)と村瀬智行・警視庁麻布署長=東京都港区六本木4で2021年4月5日午後2時36分、林田奈々撮影

 警視庁麻布署は5日、迷子になっていた男児(4)を交番に連れて行って保護したとして、東京都港区立白金の丘小4年の名郷根(なごうね)景さん(9)に感謝状を贈った。

 名郷根さんは3月14日午後5時半ごろ、港区内の自宅マンション前の路上で、男児を見かけた。一人で不安そうにしていたことから「怪しいものではありません」などと声をかけ、じゃんけんや「あっち向いてホイ」で気を紛らわせながら、約500メートル離れた交番に連れて行った。約1カ月前に授業で見学に行った消防署の隣に交番があったのを覚えていたという。

 男児は母親と一緒に約1キロ離れた公園を訪れていたが、約2時間前から行方が分からなくなっていた。当時、母親からの通報を受けた同署員約40人が付近を捜索していたという。

 5日に同署であった贈呈式では、村瀬智行署長が「優しさ、勇気がないとできないこと。これからもこの気持ちを忘れないで」と感謝状を贈呈した。名郷根さんは「放っておいたら誘拐されたり、事故に巻き込まれたりするかもしれないので、自分が助けないといけないと思った。男の子がお母さんと会えてうれしい」と話した。【林田奈々】

あわせて読みたい

注目の特集