特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

新ガツオ・松元克央、自信の日本新 「一発ドカン」初の五輪代表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子200メートル自由形決勝を日本新記録で制した松元克央=東京アクアティクスセンターで2021年4月5日、梅村直承撮影
男子200メートル自由形決勝を日本新記録で制した松元克央=東京アクアティクスセンターで2021年4月5日、梅村直承撮影

 東京オリンピックの代表選考を兼ねた競泳の日本選手権第3日は5日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われた。男子200メートル自由形決勝で、2019年世界選手権銀メダリストの松元克央(かつひろ)=セントラルスポーツ=が、1分44秒65の日本新記録を出し、初の五輪代表に決まった。

 「一発どかんといきたい」という宣言通りだった。松元は自らの日本記録を0秒48も縮め、日本選手としては史上初の1分44秒台。2019年世界選手権の優勝者よりも速く、16年リオデジャネイロ五輪金メダルと同タイムでタッチ板をたたいた。

 終盤の加速が持ち味の松元だが、今回はスタート直後から攻めた。ターンを重ねるごとに、会場に表示された日本記録のライン表示を引き離していく。「ちょっとバテた」と得意の残り50メートルでは失速したものの、2位以下を3秒近く引き離す圧巻のレースだった。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文728文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集