羽生「誰かの光になれるように」フィギュア国別対抗戦へ意気込み

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国別対抗に向け意気込みを語った羽生結弦=テレビ朝日提供
国別対抗に向け意気込みを語った羽生結弦=テレビ朝日提供

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(15~17日・丸善インテックアリーナ大阪)に出場する日本代表選手が6日、コメントを発表した。男子のエースで冬季五輪2連覇中の羽生結弦(ANA)は「誰かの光になれるように」と題して、大会への意気込みを述べた。

 羽生は3位に終わった3月の世界選手権(ストックホルム)を「完全に良い演技だったとは言えない」と振り返り、それでも多くの人から励ましを受けたという。「『勇気をもらえました』とか、『希望の光』でしたとか、そういう言葉をいただいた時に、僕は…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集