連載

2021あきたの選択

秋田県知事と県内9市町の首長を選ぶ「ミニ統一地方選」が4月4日に行われます。投開票日に向け、各陣営の動きを追います。

連載一覧

2021あきたの選択

知事4選 佐竹氏が意気込み 「身を粉に、全力尽くす」 /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
知事選の当選から一夜明け、報道陣の取材に応じる佐竹敬久氏=秋田市で2021年4月5日、高野裕士撮影
知事選の当選から一夜明け、報道陣の取材に応じる佐竹敬久氏=秋田市で2021年4月5日、高野裕士撮影

 知事選で3新人を破り4選を果たした無所属現職の佐竹敬久氏(73)は5日、当選から一夜明け秋田市川尻町の事務所で報道陣の取材に応じた。選挙戦では、県民から果樹の雪害の事前対策などを巡り「今までにないくらいきつい注文が結構あった」と振り返るとともに、4期目への抱負を語った。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集