ハンセン病元患者夫妻に密着 らい予防法廃止25年 人権考えるきっかけに /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
多磨全生園で出会って結婚した山内きみ江さん(右)と定さんは子どもの代わりに人形をかわいがった=2010年7月 スーパーサウルス提供
多磨全生園で出会って結婚した山内きみ江さん(右)と定さんは子どもの代わりに人形をかわいがった=2010年7月 スーパーサウルス提供

記録映画「凱歌」武蔵野で8日まで上映

 ハンセン病患者を国が強制的に隔離する「らい予防法」の廃止から4月で25年。かつて故郷を追われ、子どもを産む権利をも奪われた。元患者の山内きみ江さん(87)と定さん(2011年に84歳で死去)夫妻に密着したドキュメンタリー映画「凱歌(がいか)」(坂口香津美監督)が武蔵野市の「アップリンク吉祥寺」で上映されている。8日まで。【岩崎歩】

 映画の舞台は東村山市にある国立療養所「多磨全生園(ぜんしょうえん)」。110年以上の歴史を持ち、128人(1日現在)が暮らしている。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1135文字)

あわせて読みたい

注目の特集