特集

関西 新型コロナくらし情報

関西の新型コロナに関する情報をお伝えします。

特集一覧

新型コロナ 受刑者保護請求 地裁支部が棄却 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス対策が不十分だとして、大阪刑務所(堺市堺区)に服役している60代の男性受刑者が改善を求めた人身保護請求について、大阪地裁堺支部(森木田邦裕裁判長)は訴えを棄却する決定を出した。3月24日付。

 腎臓に持病がある男性は「感染すると重症化する恐れがある」と主張。刑務所内でアルコール消毒液が設置されていないなど対策が不十分だと訴えていた。

 決定では、刑務所内に感染拡大の具体的危険があるとまでは認められないと指摘。消毒液の未設置についても「受刑者が飲み込むなどの危険性を否定しがたい」と結論づけた。【山本康介】

あわせて読みたい

注目の特集