連載

ファクトチェック

「非党派性・公正性」などの国際的原則のもと、社会に広がる情報が事実かどうかを調べ、正確な情報を読者に伝えます。

連載一覧

ファクトチェック

「事業仕分けで4学会廃止」は誤り 拡散したアカウントの対応は

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ファクトチェック「誤り」
ファクトチェック「誤り」

 「日本で新型コロナウイルスのワクチン開発が成功しないのは、民主党による事業仕分けで『日本ウイルス学会』など4学会を廃止したことが原因」――。新型コロナを巡ってワクチン開発や確保に注目が集まる中、こんなツイートが拡散している。しかし、事業仕分けの対象は学会の存廃ではなく、しかも4学会が廃止された事実はない。このツイートは誤りだ。(ファクトチェックの判定基準→https://mainichi.jp/articles/20210303/hrc/00m/040/001000d)【藤沢美由紀/統合デジタル取材センター】

学会は廃止されていない

 ツイートは、「井上太郎」というアカウントから3月31日に投稿された。以下のような内容だった。

 <昔は世界トップクラスのワクチン開発国だった日本。その日本がいまだに武漢ウイルスワクチン不成功なのは、民主党による事業仕分けで、多くの国民が反対したにもかかわらず「日本ウイルス学会」「日本細菌学会」「日本寄生虫学会」「感染症学会」の4学会廃止したことが原因。感染拡大は民主党の責任>

 5日現在で、約1800件リツイートされ、約2800件の「いいね」がついている。「井上太郎」氏はフォロワー5万5000人。プロフィル欄で「『誇り高き国、日本』右翼でも左翼でもない、保守でも革新でもない。根拠を示して真実をつぶやきます」などと紹介している。プロフィル欄にリンクが掲載されているホームページによると、「日本のために」などのタイトルの書籍を複数出版し、「マスコミ報道されない情報を提供します」との触れ込みで、オンラインサロンも…

この記事は有料記事です。

残り1552文字(全文2228文字)

あわせて読みたい

注目の特集