フジHDの外資規制違反「極めて重大」 自民と立憲、認識一致

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
フジテレビ=東京都港区で、武市公孝撮影 拡大
フジテレビ=東京都港区で、武市公孝撮影

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は6日午前、国会内で会談し、フジテレビを傘下に置く「フジ・メディア・ホールディングス(HD)」が放送法の外資規制に違反していた疑いがある問題について「極めて重大な事案」との認識で一致した。安住氏が会談後、記者団に明らかにした。

 会談ではこの問題に関し、速やかに総務省に対して関係者の事情聴取や調査を実施し、国会に報告することも申し合わせた。【宮原健太】

あわせて読みたい

注目の特集