特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

北朝鮮、東京五輪不参加を表明 「コロナから選手保護」理由に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮の国旗=ゲッティ 拡大
北朝鮮の国旗=ゲッティ

 北朝鮮は6日、東京オリンピックに参加しない方針を表明した。新型コロナウイルスから選手らを保護するためだとしている。北朝鮮体育省のウェブサイト「朝鮮体育」によると、3月25日に開かれたオリンピック委員会総会で今年の事業について議論し、不参加を決めた。東京五輪に国として参加しないと表明したのは、北朝鮮が初めて。

 医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な北朝鮮は、新型コロナの流入を極度に警戒。中国湖北省武漢市で新型コロナの大規模クラスター(感染者集団)が世界で初めて確認された直後の2020年1月から、経済の生命線である中国との陸路の国境を封鎖するなど、厳格な「非常防疫措置」を導入した。感染者はいないとしている。

 17年まで核実験やミサイル発射を繰り返していた北朝鮮は18年2月、韓国で開かれた平昌(ピョンチャン)冬季五輪に参加し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長(当時)の妹、金与正(キムヨジョン)党第1副部長(同)を派遣して南北融和を演出。同3月、北朝鮮は訪朝した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に対し、東京五輪に「必ず参加する」との意向を伝えていた。

 北朝鮮は伝統的に重量挙げやレスリング、柔道などの強豪国として知られる。

 北朝鮮の不参加表明について、加藤勝信官房長官は6日の記者会見で「報道は承知しているが、大会参加については大会組織委員会などとの調整であり、引き続き注視したい」として論評を避けた。

 東京で新規感染が収まらず、ワクチン接種もまだ進んでいない中で、北朝鮮が新型コロナへの懸念を不参加の理由としていることに関しては、大会開催の環境整備に努めると改めて強調した。

 一方、ロイター通信によると、IOCは北朝鮮の新型コロナの状況を議論するため、北朝鮮側に電話協議を複数回申し入れたが、応じなかったと説明。IOCの広報官は「北朝鮮のオリンピック委員会から、不参加の公式の申請を何も受け取っていない」とコメントした。

 また、韓国の聯合ニュースは北朝鮮のパラリンピック委員会から国際パラリンピック委員会(IPC)に東京パラリンピックへの不参加の連絡があったと伝えた。【渋江千春(ソウル)、加藤明子、川上珠実】

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集