アフガン・ミニアチュールの世界へようこそ 85歳が初原画展を企画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガン細密画の展覧会を企画した西垣敬子さん=兵庫県西宮市甲子園口1の「ギャラリーわびすけ」で2021年4月2日、高尾具成撮影
アフガン細密画の展覧会を企画した西垣敬子さん=兵庫県西宮市甲子園口1の「ギャラリーわびすけ」で2021年4月2日、高尾具成撮影

 四半世紀以上、アフガニスタン支援を続けてきた兵庫県宝塚市の西垣敬子さん(85)が、アフガンの細密画(ミニアチュール)を日本で初めて紹介する原画展を企画した。同県西宮市のギャラリーで11日まで開催中だ。入場無料。即売も行い、支援に充てる。西垣さんは「奥深く豊かな文化を伝えたい」と話し、今も政情が不安定な同国に思いを寄せる。

 アフガン北西部のヘラートは、14~16世紀に中央アジアを治めたティムール朝が都を一時期置き、細密画の伝統が継承されている。描かれるのは、植物や幾何学模様による装飾文様のほか、宮廷生活や叙事詩をテーマにした人物画など多彩。豊かな色遣い、生き生きとした描写が特徴だ。ただ、内戦などもあって日本ではあまり知られてこなかった。

この記事は有料記事です。

残り1488文字(全文1810文字)

あわせて読みたい

注目の特集