特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

避難車の放射性物質検査場「2カ所で可」 国、21道府県に通知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
島根県原子力防災訓練で、UPZの住民が圏外に避難する際に立ち寄る「避難退域時検査会場」の手順を確認する様子=安来市で2020年10月15日、目野創撮影
島根県原子力防災訓練で、UPZの住民が圏外に避難する際に立ち寄る「避難退域時検査会場」の手順を確認する様子=安来市で2020年10月15日、目野創撮影

 原発事故が起きた際、避難する車に放射性物質が付いていないかを調べる検査について、内閣府は原発30キロ圏内の21道府県に、検査会場の設営にあたり準備する資機材は、当面2会場分でいいとする通知を出していた。内閣府への取材で判明した。原発の広域避難計画では各道府県で複数の検査会場を想定しているが、2会場だと避難の車が集中し渋滞するのは必至で、計画の実効性が問われそうだ。

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1156文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集