特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

偽りの共生

せやろがいおじさんが退治を訴える「やばい鬼」 日本の入管行政

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本の入管行政の問題などについてユーチューブで訴えるせやろがいおじさん=ワラしがみ提供
日本の入管行政の問題などについてユーチューブで訴えるせやろがいおじさん=ワラしがみ提供

 「おーい、入管収容の長期化の問題、やばすぎ~~」。「せやろがいおじさん」こと、お笑い芸人の榎森耕助さん(33)が動画投稿サイト「ユーチューブ」で訴えている。榎森さんといえば、エメラルドグリーンの沖縄の海を背景に、赤いふんどし姿で時事問題を斬るスタイルが人気だが、4月中にも国会審議が始まるとみられる入管法改正案の問題点を、3月の配信で初めて取り上げた。深刻なテーマにもかかわらず、「予想外」に多くの人が見てくれたという。配信のきっかけは外国人を支援する弁護士のある言葉だった。榎森さんに「刺さった」熱い言葉とは--。【和田浩明/デジタル報道センター】

入管という「鬼」指弾 投稿動画で

 多様な時事問題に関する意見をユーチューブなどで発信してきた榎森さん。最近では森喜朗・東京オリンピック・パラリンピック組織委員会前会長による女性蔑視発言や、新型コロナウイルスのワクチン、同性婚問題なども取り上げてきた。硬派のテーマもユーモラスに、わかりやすい言葉で解説するスタイルが人気を集め、視聴回数が100万回を超える回もある。

 そんな榎森さんが「史上最悪の改正!人を人として扱わない『入管法の改正』について」(https://www.youtube.com/watch?v=1zdd9RgkdzY)と題した動画を公開したのは、3月5日のことだ。

 どんな内容なのか。訴えたのは、極めて低い日本の難民認定率や、入管施設への外国人の長期収容、難民認定申請者などに…

この記事は有料記事です。

残り2993文字(全文3616文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集