特集

愛知リコール不正

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。署名偽造に関与した疑いで、活動団体事務局長らが逮捕されました。

特集一覧

愛知県知事リコールの署名不正事件 河村たかし市長が中間報告

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
独自調査の中間報告を発表する名古屋市の河村たかし市長=名古屋市役所で2021年4月6日午後1時41分、岡正勝撮影
独自調査の中間報告を発表する名古屋市の河村たかし市長=名古屋市役所で2021年4月6日午後1時41分、岡正勝撮影

 愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)を巡る署名不正事件で、運動を支援した河村たかし名古屋市長は6日、リコール関係者の証言に基づく独自の調査結果として「昨年10月上旬に複数の人が『署名簿を不正に作ろう』と話し合ったようだ」との見解を明らかにした。河村氏は今回、個人名などの言及を避けているが、これまでに「(不正をしたのは)事務局に決まっとる。主体的にやらんことにはできません」などと事務局の関与を示唆している。

 署名不正事件を巡っては河村氏は自身や個人事務所の関係者の関与を一貫して否定する一方、真相解明のため事務所主導で独自調査を実施。この日は市役所内で調査結果の中間報告を発表した。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文585文字)

【愛知リコール不正】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集