能登半島地震から完全復興宣言 総持寺祖院、13年かけ修復完了

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
復興を祝う落慶法要でお経を転読する僧侶ら=石川県輪島市門前町の総持寺祖院で2021年4月6日午前10時15分、阿部弘賢撮影
復興を祝う落慶法要でお経を転読する僧侶ら=石川県輪島市門前町の総持寺祖院で2021年4月6日午前10時15分、阿部弘賢撮影

 2007年の能登半島地震で大きな被害を受けた、石川県輪島市門前町の曹洞宗大本山総持寺祖院の修復工事が約13年の歳月をかけて完了し6日、落慶法要が営まれた。輪島市も同日午後、祖院近くで式典を開き、震災からの「完全復興」を宣言。能登屈指の名刹(めいさつ)が開創700年を迎える節目の年に元の姿を取り戻し、地元は地域活性化に期待を寄せている。【阿部弘賢】

 最大震度6強を記録した能登半島地震では1人が死亡、約330人が重軽傷を負い、建物3万棟以上が損壊した。祖院も僧侶が寝起きする座禅堂が全壊し、国登録有形文化財の仏殿や山門など境内にあるほぼ全ての建物が被害を受けた。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文888文字)

あわせて読みたい

注目の特集