特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

阪神、甲子園で今季初の試合 まん延防止措置で入場制限実施

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
間隔を空けて観戦するファンの声援を受け、阪神甲子園球場の打席に立つ阪神の佐藤輝明選手=兵庫県西宮市で2021年4月6日
間隔を空けて観戦するファンの声援を受け、阪神甲子園球場の打席に立つ阪神の佐藤輝明選手=兵庫県西宮市で2021年4月6日

 プロ野球・阪神は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、巨人を迎え、今季初となる本拠地での主催試合を開催した。同市が5月5日まで新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の対象地域になったため入場制限が行われたが、この日の観衆は8609人。雨の中、右翼席を中心に黄色いカッパ姿のファンが目立った。

 チケットの一般販売などは行わず、観戦は、販売済みの年間予約席の購入者に限定。アルコール飲料の提供は午後7時、飲食物の提供も午後8時で終了となった。5月2日までの甲子園での15試合は同様の措置を取る。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文607文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集