県内の名門武士団知って 現在の真岡拠点 長沼、皆川氏のテーマ展 県立博物館 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長沼氏の歴史をたどる資料が並ぶテーマ展=宇都宮市睦町の県立博物館で2021年3月19日、李舜撮影
長沼氏の歴史をたどる資料が並ぶテーマ展=宇都宮市睦町の県立博物館で2021年3月19日、李舜撮影

国重文「淡路国大田文」など78点

 1221年の承久の乱から今年で800年。鎌倉幕府が討伐の兵を挙げた朝廷を破り、その後の公武の力関係を決定づけた歴史の転換点を改めて見つめ直そうと、県立博物館(宇都宮市睦町)でテーマ展が開かれている。焦点を当てたのは、承久の乱で幕府方として活躍した長沼氏一族。鎌倉幕府や織田信長との親交の深さをうかがわせる貴重な史料を展示している。【李舜】

 長沼氏は平将門の乱を鎮圧した藤原秀郷の子孫で、長沼荘(現在の真岡市)を本拠に活躍した。東国武士の中心の一人だった小山政光と寒川尼の間に生まれた3兄弟の次男・宗政が、長沼姓を名乗るようになった。寒川尼が鎌倉幕府を開いた源頼朝の乳母だった関係で、平安時代末期には源氏側として源平合戦を戦い、恩賞として長沼荘を拝領したとされている。

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文987文字)

あわせて読みたい

注目の特集