「鬼うゐろう」ヒット 「両口屋是清」が新商品 入社2年目の女性社員考案 名古屋の名物まんじゅうと融合 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新商品の「鬼うゐろう」をPRする両口屋是清の社員=名古屋市中区で2021年3月22日、山田泰生撮影
新商品の「鬼うゐろう」をPRする両口屋是清の社員=名古屋市中区で2021年3月22日、山田泰生撮影

 創業約390年を誇る名古屋市の老舗和菓子屋「両口屋是清」が、名古屋名物の鬼まんじゅうとういろうを組み合わせた土産和菓子「鬼うゐろう」を開発、話題を集めている。JR名古屋駅構内のキオスク2店舗などで販売している。ヒットの陰には、入社2年目の女性社員のアイデアがあった。

 開発の発端は、名古屋商工会議所が2020年7月から主導した「あたらしい名古屋の和菓子土産コンテスト」。価格が税抜き800~1000円程度▽賞味期限は最低1週間――などの条件の下、「鬼うゐろう」など8品が選ばれた。この8品を「なごや菓八菓(かやか)」と名付け、3月3日からジ…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

あわせて読みたい

注目の特集