東日本大震災

10年見続けた被災地 写真家・石井麻木さん、思いつづった写真展 博多阪急 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災発生以来、被災地の撮影を続ける写真家、石井麻木さん(東京)の写真展「3・11からの手紙/音の声」が福岡市博多区の博多阪急5階ステージ5で開かれている。13日まで。無料。

 石井さんは震災発生直後から毎月、月命日の11日に現地を訪れ、被災地の状況の撮影を続けている。「被災地へ関心を持ち続けたい、意識を向け続けたい」という思いから写真を撮り続け、12年3月から毎年各地で写真…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

あわせて読みたい

注目の特集