特集

社告

毎日新聞社の社告です。

特集一覧

社告

企画展「北九州・産業都市の軌跡」 いのちのたび博物館など3カ所 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 工業の街から環境の街へと発展を続ける北九州市のこれまでを見つめる企画展「北九州・産業都市の軌跡」を開催します。地域の近代化を進めようと明治後期、渋沢栄一が地元財界の実力者・安川敬一郎に宛てた希少な書簡10通を公開。旧八幡製鉄所の勤務者らで潤った、戸畑や若松を昭和初期にとらえた吉田初三郎の緻密な鳥瞰(ちょうかん)図は圧巻です。高度成長期の公害と向き合った地元婦人会による地道な生活改善運動の資料や、銘菓・八幡饅頭(まんじゅう)で愛されながら閉業した菓子店「鶴屋」なつかしの菓子サンプルまで、バラエティー豊かな約400点が並びます。会場は鉄都を象徴する八幡東区にある、いのちのたび博物館など3カ所です。

 <会場>北九州市立いのちのたび博物館、同市環境ミュージアム(同市八幡東区東田)、旧鶴屋本店(同区中央町)

 <会期>2021年4月29日(祝・木)~5月30日(日)※いのちのたび博物館と鶴屋は無休、環境ミュージアムは原則月曜休館。

 <観覧料>いのちのたび博物館のみ、常設展料金がいる。大人600円▽高大生360円▽小中生240円。博物館ウェブサイトでの入場予約も必要。

 主催 東田ミュージアムパーク実行委員会(いのちのたび博物館、環境ミュージアム)

 特別協力 毎日新聞社

〔福岡都市圏版〕

あわせて読みたい

注目の特集