延岡共立病院、医療的ケア児を受け入れ ショートステイ開始 介助家族の負担軽減へ 県北初 /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 延岡市山月町の延岡共立病院が医療的ケア児のためのショートステイを始めた。県内5カ所目で県北では初。常時医学的管理が必要な在宅児を預かり、食事や排せつなどの介助をし、ケアに追われる家族に休息を与え負担を減らす狙い。県内では4カ所(宮崎市2、日南市、川南町各1)のみで、県北の住民は遠隔地への送迎が必要だった。

 県や延岡市などは、地元医師会を通じ開設可能な医療機関を開拓してきたが、延岡共立病院が要請に応じた。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集