「Trello」 個人情報、公開状態に 氏名・住所・口座暗証番号・学歴… 設定、政府が注意喚起

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
免許証などの個人情報が表示されたパソコン画面=6日、宮武祐希撮影(画像の一部を加工しています)
免許証などの個人情報が表示されたパソコン画面=6日、宮武祐希撮影(画像の一部を加工しています)

 企業などで使われているタスク管理ツール「Trello」(トレロ)で、利用者の個人情報が「公開」の設定のまま誰でもインターネット上で閲覧できる状態になっているケースが多数あることが6日、明らかになった。検索すると多くの個人情報が閲覧できる状態になっており、利用者は設定を確認する必要がある。

 政府の内閣サイバーセキュリティセンターは6日、公式ツイッターで、トレロの設定を「非公開」とするよう注意喚起した。

 毎日新聞が6日に確認したところ▽新型コロナウイルスワクチンの治験に応募した人の氏名と住所、電話番号▽個人や企業の名義となっている預金口座の暗証番号▽就職活動中だった学生の携帯電話番号や学歴――などを閲覧できた。自らのクレジットカード番号を閲覧できる状態にしている人もいた。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1025文字)

あわせて読みたい

ニュース特集