連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

尖閣に適した色は=古賀攻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 沖縄県・尖閣諸島の接続水域にはきのうも中国海警局の公船3隻がいた。もう53日連続になる。

 彼らが12カイリの領海に侵入してきたら、海上保安庁の巡視船が無線や電光掲示板で退去を求める。それでも出なかったら船に幅寄せして出す。海保の船には常に中国語の通訳官が乗っている。

 ここで起きているのは国家意思のぶつかり合いだ。戦争にまでならないのは、現状が「寸止め」の心理戦レベルにあるから。中国は「軍事的なエスカレーションを招かない低烈度の威嚇」(坂元茂樹著「侮ってはならない中国」)で日本の管轄権に挑んでいる。

 だが、いつまでも持久戦にとどまるとは限らない。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1037文字)

あわせて読みたい

注目の特集