五輪訪日客アプリ、開発続く 検疫も追跡も…神仕様は実現する?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
五輪マークのモニュメントを見ながら歩く女性=東京・台場で2021年3月18日、AP
五輪マークのモニュメントを見ながら歩く女性=東京・台場で2021年3月18日、AP

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京オリンピック・パラリンピックは海外からの観客受け入れを正式に断念した。これで宙に浮いた形になっているのが、海外から訪れる観客や大会関係者の健康を管理する政府のスマートフォンアプリだ。約73億円を投じた開発計画はいまだ継続中で、存在意義を問われる事態に発展している。

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会と政府、東京都は3月20日、新型コロナの感染拡大を防ぐ目的で海外からの観客受け入れ断念を正式決定した。その直後の記者会見で、開発を担う平井卓也デジタル改革担当相はアプリの必要性について「オリパラ向けに用途を限定せず、広く日本への入国者を対象に、入国に関わるさまざまな手続きを一つのシステムで一体的に管理する」と述べ、あくまで開発を続ける姿勢を強調した。

6月中旬、本リリース

 政府がそこまでこだわるアプリとはいかなるものなのか。

この記事は有料記事です。

残り1683文字(全文2073文字)

あわせて読みたい

注目の特集