特集

東芝経営問題

1875年創業の「名門」東芝が、会社全体を事業別に3分割する方針を発表。事実上の“解体”の先には…。

特集一覧

東芝社長「これから取締役会で議論」 英ファンドの買収提案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東芝=東京都港区で、内藤絵美撮影
東芝=東京都港区で、内藤絵美撮影

 東芝が英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどから買収を提案されていることが7日、明らかになった。CVCは「物言う株主」との対立が続く東芝の株式を非公開化し、経営判断を早める考えを伝えている模様で、買収額は2兆円を超える見通し。東芝は今後、検討を本格化させる方針だ。

 東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)は7日朝、記者団に「提案は受けている。これから取締役会で議論する」と述べた。車谷氏は元三井住友銀行副頭取で、CVCの日本法人会長も務…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

【東芝経営問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集