ヒトiPSから胎盤細胞作製 世界初 不妊症研究進展に期待 京大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヒトiPS細胞から作った胎盤の基になる栄養外胚葉の顕微鏡写真=京都大iPS細胞研究所提供 拡大
ヒトiPS細胞から作った胎盤の基になる栄養外胚葉の顕微鏡写真=京都大iPS細胞研究所提供

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、妊娠の維持に重要な役割を果たす胎盤を形作る細胞の作製に世界で初めて成功したと、京都大iPS細胞研究所などが発表した。胎盤が関わる妊娠合併症や不妊症の研究が今後、進むと期待される。論文は8日、米科学誌セルステムセル電子版に掲載された。

 同研究所の高島康弘講師(再生医学)らのチームは、着床前の受精卵に近く、幅広い分化能力を持つ新型のiPS細胞に4種類の因子を加えるなどし、胎盤のもとになる「栄養外胚葉」を作製。そこから胎盤内の絨毛(じゅうもう)(突起が集まった層)の一部を形成する栄養膜の細胞まで育てることにも成功した。遺伝子やたんぱく質を調べ、働きも確認した。

 妊娠中に胎児の一部として作られる胎盤は、胎児と母体をつなぎ、酸素や栄養などをやり取りする役割を果たす。胎盤の形成過程に異常があると流産や胎児の発育不全につながるが、胎盤の基になる細胞は受精卵の初期に分化するため、ヒトでは調べることが技術的にも倫理的にも困難だった。

 高島講師は「体外で調べるモデルが構築でき、胎盤に起因する妊娠合併症の病態解明や、生命誕生など初期受精卵の研究が進むのでは」と期待する。【千葉紀和】

あわせて読みたい

注目の特集