「いってきます!」「歩くひと」飛驒古川ロケ地マップ第3弾 岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
飛驒古川で撮影されたドラマなどのロケ地を紹介する飛驒古川おさんぽロケ地MAP第3弾=2021年4月5日、大竹禎之撮影 拡大
飛驒古川で撮影されたドラマなどのロケ地を紹介する飛驒古川おさんぽロケ地MAP第3弾=2021年4月5日、大竹禎之撮影

 岐阜県飛驒市は4月から、2020年度に同市を舞台に撮影された映像作品のロケ地を盛り込んだ「飛驒古川おさんぽロケ地MAP」の配布を始めた。同市のロケ地マップはアニメ映画「君の名は。」の公開をきっかけに製作した1作目、NHK朝の連続テレビ小説ドラマ「さくら」や芳根京子さん主演の短編映画「わさび」などを盛り込んだ2作目に続く3作目となる。

 3作目では、内田理央さん主演のドラマ「いってきます!~岐阜・飛驒 古川やんちゃ物語~」や、井浦新さん主演のドラマ「歩くひと」のロケ地を紹介。ドラマのロケ地となった瀬戸川と白壁土蔵街や三嶋和ろうそく店などを、写真やイラストを使ってフルカラーで紹介している。

 「君の名は。」に同市古川町の風景が取り入れられ、多くのファンが「聖地巡礼」に訪れたことをきっかけにMAP製作が始まり、市のロケツーリズム推進事業がスタート。市ではロケ誘致や受け入れ態勢を強化したり、作品を観光事業に活用するための権利処理について学んだりしてきた。市観光課の横山理恵係長は「新型コロナウイルス感染症の影響で旅行がしにくい状況ですが、おさんぽロケ地MAPを手に、古川の町並みをゆっくり散策してほしい」と話している。

 MAPは、A3二つ折り(A4サイズ)で1万5000部を作製。市の観光案内所や飲食・宿泊施設、近隣観光施設などで無料配布する。【大竹禎之】

あわせて読みたい

注目の特集