特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

コロナ療養者の投票どうする? 「現状の放置は政治の不作為」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一票を託す有権者(イメージ)
一票を託す有権者(イメージ)

 新型コロナウイルスに感染して自宅やホテルで療養している有権者の投票が事実上難しい状況になっている。公職選挙法に新型コロナの療養者を想定した規定はなく、各地の選挙管理委員会からは制度改正を求める声が上がっている。年内に衆院選を控える中、コロナ下の選挙はどうあるべきなのか。日本選挙学会理事長で早稲田大の池谷知明教授(比較政治)に話を聞いた。【聞き手・平川昌範】

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1147文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集