特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

重装備、行政指示二転三転…変異株対応に追われるコロナ専門病院

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
変異株患者の対応のため、病室に入る前に防護服の上からさらにガウンを着る看護師=大阪市住吉区の阪和第二病院で2021年4月3日、久保玲撮影
変異株患者の対応のため、病室に入る前に防護服の上からさらにガウンを着る看護師=大阪市住吉区の阪和第二病院で2021年4月3日、久保玲撮影

 新型コロナウイルスの変異株感染者の増加で、軽症中等症患者を受け入れているコロナ専門病院「阪和第二病院」(大阪市住吉区)では対応に追われている。未知の部分が多い変異株。一部の変異株は従来株の抗体があっても新たに感染する可能性があるため、コロナ患者同士を区分しなくてはならない。患者の受け入れ方法を巡る行政からの指示は二転三転しており、「臨機応変の日々」が続く。

 取材に入った4月3日、病棟3階には変異株患者2人が入院していた。いずれも大部屋を個室として使い、同じ階の従来株患者と接触しないように分けられていた。病室の前には青いビニール製の長袖ガウンとゴム手袋が置かれ、入る時に防護服の上から重ね着し、退室時に脱ぐ。患者に「朝食は食べられましたか」と語りかける女性看護師。「めっちゃしんどいよ。でも患者さんのためやから」。同行した記者に、自らを鼓舞するように話し…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1175文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集