ASMRで伊香保PR 温泉や水沢うどんの音をYouTubeで公開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ユーチューブで公開されている水沢うどんのASMRの場面=エイシス提供 拡大
ユーチューブで公開されている水沢うどんのASMRの場面=エイシス提供

 野菜をサクサクと切る音や耳かきの音など聞くだけで心地よさを感じる音「ASMR」で、地域をPRする取り組みが群馬県渋川市伊香保町を舞台に始まった。伊香保温泉の石段街を流れる温泉の音と同地区の水沢うどん店「清水屋」のうどん生地を作る音がユーチューブで公開されている。

 伊香保の「音」の公開は、漫画のダウンロード販売やオンラインゲームなどを手掛ける企業「エイシス」(東京都)がASMR動画サービス「ZOWA」で3月24日から展開する地域応援プロジェクト「EMOCAL」の第1弾。コロナ禍で長距離の移動が気軽にできない現在、音で地域に思いをはせてもらおうと取り組んでいる。

 同社に地縁を持つ社員がいたために伊香保が選ばれた。公開されている動画は、プロジェクトのオリジナルキャラクター「魔法使いの女の子・チーコ」が登場。石段街の風景とともに、ゆっくりと流れ落ちる温泉の音や水沢うどんをトントンと切る音を約1時間にわたって楽しむことができる。

 同社は「その土地でしか聞くことができない音の風景を楽しんでもらおうと始めた。つながりのある人は、音でその土地を思い出してほしい」と話している。【庄司哲也】

あわせて読みたい

注目の特集