特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

渡辺名人が60手目を封じる 斎藤八段は千日手打開狙う 名人戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第79名人戦七番勝負第1局で立会の中村修九段(右)に封じ手を手渡す渡辺明名人(左)。中央右は斎藤慎太郎八段=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2021年4月7日、西夏生撮影 拡大
第79名人戦七番勝負第1局で立会の中村修九段(右)に封じ手を手渡す渡辺明名人(左)。中央右は斎藤慎太郎八段=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2021年4月7日、西夏生撮影

 渡辺明名人(36)に斎藤慎太郎八段(27)が挑戦する第79期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)が7日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で始まり、午後6時半、渡辺が60手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は斎藤4時間31分、渡辺3時間21分。2日目の8日は午前9時に対局を再開する。

 開始18分前、名人戦初挑戦の斎藤が対局室に入り、渡辺を待った。前期初めて名人の座に就いた渡辺は、通算タイトル獲得数が歴代4位の28期になる歴戦の雄らしく、堂々と入室した。

 振り駒の結果、第1局は斎藤の先手番に。初手7六歩から矢倉戦を志向し、渡辺も受けて立った。斎藤は1940年の第2期名人戦で挑戦者となった土居市太郎名誉名人が好んだとされる「土居矢倉」に組む。陣形のバランスの良さから最近よく指される形だ。渡辺は銀矢倉に囲い、玉を入城してがっちり構えた。

 午後になって駒組みが飽和状態になり、互いに手待ちと呼ばれる指し手が続いて控室では千日手の可能性がささやかれるようになった。千日手になれば、名人戦としては一昨年の第1局、佐藤天彦名人―豊島将之王位(いずれも肩書は当時)の対戦以来2年ぶり。渡辺は3月の王将戦第6局でも千日手を経験している。

 午後5時過ぎ、斎藤は1五歩(51手目)と突いて歩を交換し千日手模様の打開に出たが、戦いが始まらないうちに封じ手の局面になった。

 解説の高見泰地七段は「私も非常に興味がある土居矢倉になりました。斎藤八段は千日手を打開する手順を考えたと思います。1日目は歩交換をして形勢はほぼ互角。2日目の午前中に斎藤八段は打開していくでしょう」と語った。【山村英樹、武内亮】

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集